「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:カメラな世界( 28 )

おきにいり

最近のお気に入りは
本とカメラとできたら三脚をもって
ぷちトリップ。

長居できそうなカフェを見つけたら、一番奥の席に陣取って
人目を偲んで、ケーキを撮影。

f0217997_12545637.jpg



これが 私のおきにいり。


ただ、残念なことに 現像から上がってきたフィルムにはムラが・・・。

う~ん。
時間があれば、自分でもっと丁寧に現像するのになぁ。

プロラボに頼むほど、自慢の作品ってわけでもないしなぁ(T_T)
[PR]
by sakurahanasakukor | 2012-02-05 12:57 | カメラな世界

ひとり

もう2年越しで計画しては、行けずにいた南アルプスのある山。

昨年晩秋
お天気がいいのを見計らって 一人で車で飛ばして行って来た。

あのときの ドキドキ感が いまも 忘れられない。
f0217997_0474149.jpg

[PR]
by sakurahanasakukor | 2012-01-11 00:47 | カメラな世界

母の写真

f0217997_23421392.jpg



写真は 九州で一人で住んでいる母がフィルムカメラで撮ったもの。
写真撮影が趣味の母が 時折送ってきてくれる写真のプリントの中から
私が好きなものを スキャンしてみた。



元日の朝、、母に おめでとうメールを送ったら
母から 「Nikon D7000を買おうと思っている」いう返事が届いた。


「カメラ教室で 銀鉛を使っているのは 私だけなのよ」

と70代半ばの母は『銀塩』を『銀鉛』と 誤入力してメールを送ってきた。


写真教室のみんなが デジカメでパシャパシャ写真を撮る中、
ひとりだけ三脚に フィルムカメラを装着して
じっくり被写体と向き合っていたり、
講習中、SDカードからデータを出して見たりできないことが
とても辛かったらしい。

パソコンも使えないオバアチャンが これからデジイチを使いこなせるとは思えないが
父が遺したレンズ群が かなりいいスペックのものだから
カメラ屋からは 上位機種を勧められたらしい。


最近、私は フィルムカメラに どっぷり浸かっているし
思い切って D90 を母に譲ることにした。

「D90で不満だったら、これを下取りに出して、上位機種を買ってね」とメモをつけて。


思えば、私が D90を購入したのは
父が遺した Nikkor 70-200mm を使いたかったためだけ。

そのレンズをもらわなければ、私は きっと NikonよりもCanon のカメラを買っていたはずだ。

そして 購入したデジカメを また母に譲ることになろうとは・・・・。


それら すべてが 父の思惑通りに動かされているかのように思えてならない。

すべては  父の 「母への想い」。
草葉の陰から、父は 母を想い続けて、母を支えているのかもしれない。


f0217997_23422946.jpg

[PR]
by sakurahanasakukor | 2012-01-03 23:53 | カメラな世界

材木座にて

大きな台風が来たあと、空が劇的に変化する写真を撮りたくて
カメラと三脚を持って、海へ出かけた。

途中、昔からその場所にあったという風情の酒屋の前で いかにも漁師さん風のオジサンたちが
何人もお酒を飲んでいた。

私は その酒屋さんに入って、缶ビールを手にしたが、
ちょっとだけ躊躇して、ノンアルコールビールを取り直した。

「今日は 撮影が目的だものね。酔っ払っては台無し。」

近くに陳列されたポテトチップも取って、レジへ。

レジには 年配の優しそうな女性。

会計が終わると 私が首から提げているカメラを見て

「あの花、珍しいそうよ。撮っていけば?」と私の後方を指差した。




風蘭(フウラン)というそうだ。


私は 何枚か風蘭を撮り終えると、その女性に挨拶をして、店を出た。


材木座の海水浴場へ出ると、予想通り、海の家はどこも閉まっていた。

海水浴客も 1人も見当たらない。

私は 砂浜に持ってきたシートを広げ、ノンアルコールビールの缶を開けた。



台風の影響で、時折 突風が吹いてくる。


私は 真新しい三脚にカメラを装着し、空と 海と 時折訪れる人を
ファインダーごしに眺める。


とても いい時間だ。  かけがえのない時間だ。


私が 欲しかったものは こんな時間だったのかもしれない。


f0217997_23221741.jpg

[PR]
by sakurahanasakukor | 2011-08-04 00:51 | カメラな世界

デジタルとアナログ

デジタルカメラとアナログカメラ。

どっちも好き。

アナログなフィルムカメラは 練習のため できるだけ使うようにしていたけど、
時々 無性にデジタルカメラを使いたくなる。

理由は いろいろあるんだけど
デジタルの混じりけ無いような澄んだ透明感が好き。



[PR]
by sakurahanasakukor | 2011-06-01 01:42 | カメラな世界

レンズの向こう

ファインダを覗きながら、時々 ふと考えた。

私は 何を撮りたいのだろうって。



マニュアル操作で 自分の意思としての写真を撮り始めて 約1年。


その答えが なんとなくわかってきた。


きっと 私は 「時(とき)」を撮りたいんだ。



それは ずっとずっと昔の子供の「時」のものだったり
今のこの「時」を 数年後に残したいものだったり。




今年も、春になると レンゲソウ畑を探して 列車に乗った。

子供の時は、すぐそばにあった風景なのに、
今は、列車を乗り継いで行かなければ見ることができないところに住んでいる。

それでも 私は 子供の「時」に戻りたくて、レンゲソウ畑を探しに行く。



[PR]
by sakurahanasakukor | 2011-05-25 00:50 | カメラな世界

山頂で 会いましょう♪

今回 mixiでやり取りをさせていただいている方と
初めて 八ヶ岳でお会いすることになりました。

待ち合わせは なんと 八ヶ岳・東天狗(標高2460m)山頂に 午前10時! (◎ー◎;)

でもって、私は 申し訳ないことに30分以上も遅刻してしまいました。

しかも、この方、9時には 山頂に到着されて、ずっと写真を撮りながら待っててくださったとのこと。


ああ・・・ ごめんなさいm( _ _ )m


でも、お天気もよくて、素敵な待ち合わせとなりました。

この日が初対面でしたが、お互い 信頼できたから 叶えられた計画でしたね。


いつの日か、また 山頂集合!やりましょう!!!


(あっ、そういえば、集合写真、撮れば良かったですね ( ̄_ ̄|||)どよ~ん )



[PR]
by sakurahanasakukor | 2011-05-24 10:01 | カメラな世界

水の鏡

田植えの前の ほんのひと時にだけ見ることができる風景。

そう聞いてから、ずっと 憧れていました。




水の鏡。



このあと、山へ登って、下山して以来 どうも疲れが取れません。
挙句の果てに熱まで出して、寝込んでいます。

そろそろ 私の登山スタイルも考えるべき時期に来ているのかもしれません。



今は、カメラと替えのレンズとフィルムを3本くらい持って、のんびりお山へ撮影に行ってみたいです。

そうだな・・・ たまには 独りで 出かけるのもいいかもね。

穂高あたりにでも 行ってみようか。
[PR]
by sakurahanasakukor | 2011-05-22 00:13 | カメラな世界

春の北アルプスへ

ゴールデンウィーク突入初日。
北アルプス、鹿島槍ヶ岳へ登ってきた。

1日目に約2300mにある冷池山荘に宿泊し、翌早朝、鹿島槍山頂へ向けて出発。



目の前には それはそれは美しい360°展望の北アルプスの景色が広がっていました。

「これを見たのだから、もう山登りはさせないよ」と言われても
「もう十分満足しました」・・・と 思えるくらい 美しい景色でした。
[PR]
by sakurahanasakukor | 2011-05-02 09:29 | カメラな世界

6度目の桜

.


横浜から鎌倉へ越してきて、6度目の春を迎えました。

鎌倉の街は 住めば住むほど 好きになります。




過剰に飾らない店先だけど、ちゃんとこだわりのあるディスプレイが施されている花屋さん。

その日に収獲された野菜を玄関先で無人販売している農家。

ショーケース越しに店主と談笑しながら お買い物できるお肉屋さん。

朝採りした魚が並べられる魚市場。


お気に入りのお店も増えました。


子供の頃 そうだったように、
ここのお店の人たちは 朝 お店を開けて、日が暮れると閉めてしまいます。

日曜日がお休みの商店だってあります。

本当は それが当たり前なのかもって 改めて思っています。

店主がサーファーだったりすると
「海に行ってます」と張り紙をして、お店を閉めていることもあります。www

本当は そんなんで いいんじゃないか と思っています。



Kamakura 居心地いい場所です。
[PR]
by sakurahanasakukor | 2011-04-22 09:50 | カメラな世界